ホーム > かつお節物語

昔ながらのかつお節物語

手火山造りストーリー

「創業明治二十年のかつお節工房「やまじゅう」で、こだわりつづける手火山(てびやま)造りとは?」

かつお節独特の香りと味を造り出す、非常に重要な燻し(いぶし)の工程 において、江戸時代の昔から、この手火山式の焙乾(ばいかん:燻して乾燥する)法が一番の方法であると言われてきました。
ただし、非常に手間のかかる方法ですので、現在は日本でも数社でしか行われていないのが現状です。
直火式ならではの香りの強い、良質なかつお節ができるのが、手火山式焙乾法の特徴です。この焙乾法にこだわり続けることが、良質のかつお節をいつまでも提供し続けることであると信じています。

やまじゅうのかつおぶしは、昔ながらの製法で、ベテランの職人の手により、ひとつひとつ丹念につくられています。
手火山式焙乾法についての説明は、宮ちゃんのかつお節づくり体験記で詳しくリポートしていますので、是非読んでみてください。
(↓3番の焙乾編です。)
また、新しくやまじゅうのかつお節が出来るまでを紹介した動画を作りました。こちらも是非一度ご覧ください。
↓(一番下)

炎
宮ちゃんのかつお節づくり体験記 かつお節ができるまで

このサイトのデザイン担当の宮ちゃんがかつお節づくりを体験!
『昔ながらの製法にこだわる、やまじゅうさんの工房での体験の様子と、かつお節がどのように作られるのか、わたくしこと宮ちゃんがレポートします。是非読んでみてくださいね。』
やまじゅうのかつお節が、どのように作られているのか、興味のある方は、この体験記を通 じてお解りいただけると思います。

やまじゅうフィルム
「やまじゅうのかつおぶしができるまで」解説Web動画完成しました!こだわりの鰹節ができるまでを紹介。是非一度ご覧ください。こちらをクリック。

今月のおすすめ商品

商品カテゴリー

*お知らせ* 鰹節工房やまじゅうのホームページへようこそ!!

2018.11.27
12月1日土曜日に、第4回てびやまるしぇを開催します。今回も、鰹節以外に塩さば、〆さば、鰻、なまり節、新鮮野菜など、お買い得品が盛りだくさんです。9時から13時までの開催です。
2018.11.09
11月3日、4日と東京都葛飾区柴又で毎年開催されている「寅さんサミット」に、焼津市を代表して出店いたしました。焼津市は、1981年公開の第28作の「男はつらいよ 寅次郎紙風船」のロケが行われた縁で、今回で二回目の出店となりました。 天気にも恵まれ、たくさんのお客様にやまじゅうの鰹節をPRすることができました。たくさんのご来場をいただき、ありがとうございました。    
2018.10.12
毎回ご好評をいただいているてびやまるしぇを、10月21日(日)9:00~13:00で開催します。今回で第三回、出店店舗も増え、お買い得品も盛りだくさんです。ぜひ、遊びにいらしてください。
2018.08.02
8月7日10時より「夏休み鰹節工場見学会」を開催します。 生の鰹がどのような工程を経て、鰹節ができるのかを、製造の現場を見ながら学ぶことができます。見学後には、完成した削りたての鰹節の試食も用意しております。参加費は無料ですので、お子様の夏休みの自由研究等に、ぜひご利用ください。なお、お子様のみでの参加はできませんが、大人の方だけでのご参加は可能です。 参加ご希望の方は、電話・メールまたは、ページ右上のお問い合わせフォームよりお願いいたします。たくさんのご参加をお待ちしております。
2018.04.04
昨年の秋に引き続き、第二回目の「てびやまるしぇ」を開催しました。地元のさばやなまり節、新鮮野菜や浜松の「うなぎいも」などを販売し、地元のゆるキャラも遊びに来てくれました。今回も多くのお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。
やまじゅうブログ
トップに戻る