平成28年全国鰹節類品評会、農林水産大臣賞受賞!!

やまじゅうの鰹節が日本一に輝きました!!

 四年に一度開かれる全国鰹節類品評会において、全国各地の鰹節生産者が集まる中、皆様にお届けしているやまじゅうの削り節の原料である荒本節が、最高賞の農林水産大臣賞に選ばれました。この賞に恥じぬように、やまじゅうでは、伝統製法にこだわった鰹節を、これからも作り続けていきます。

伝統継承 心技体味 鰹節一筋
  • お買い物クイックアクセスお買い物クイックアクセス
  • 商品一覧から選ぶ
  • 用途で選ぶ
  • 贈答用に詰め物を選ぶ
こだわりの鰹節はいかがですか?昔ながらの製法にこだわり、手火山造りで一本一本丁寧に作ったかつお節。削りたてを皆様にお届けします。手火山造りの風景
「やまじゅうが皆さんに一番伝えたいこと」こだわりの手火山造りとは?こちらをクリック!やまじゅうフィルム
「やまじゅうのかつおぶしができるまで」解説Web動画完成しました!こだわりの鰹節ができるまでを紹介。是非一度ご覧ください。こちらをクリック。
風見鶏

風見鶏
流木の柱ですよ

手火山(てびやま)造りにこだわる

 やまじゅうの鰹節は、昔ながらの製法で、ベテランの職人の手により、ひとつひとつ丹念に手作りでつくられています。手火山(てびやま)造りにこだわる、日本でも、数少ない工房です。また、できるだけ新鮮で、色・香りの良い状態で、お客様に商品をお届けしたいので、発送直前に削って包装した後、静岡県は焼津の工房から直接、発送いたします。

(店主より) やまじゅうでは、遥か江戸時代から、燻しの王道である手火山(てびやま)式の焙乾法にこだわり続けています。手間はかかりますが、直火式のこの方法は、より香りの強い良質の鰹節作りには最適な方法であると信じています。
手火山???てびやまと読みます。詳しくは「昔ながらのかつお節物語」をご覧ください。

やまじゅうブログやまじゅうブログ

近海一本釣りの鰹を使った本節が完成しました。

 

昨年末より、鰹節に使うまき網冷凍鰹の不漁が続いており、特に本節にする大きいサイズの鰹はほとんど獲れていません。そこで、今年比較的豊漁の近海一本釣り漁の鰹を競り落とし、鰹節をつくっています。

近海一本釣り鰹は、主にお刺身やたたきなどの生食用に加工されるため、通常は鰹節用に加工されるのはごくわずかです。特に春先~初夏に獲れる鰹は、脂が少なく、鰹節に適しているのですが、この時期を逃すと鰹に脂がのってくるため、お刺身等では美味しいのですが、鰹節には向きません。

今年はちょうど鰹節にむいた魚質の鰹が多く水揚げされたため、この鰹で鰹節をつくりました。もちろん、普段使うことの多い網で獲れた鰹に比べて、当然値段も割高にはなりますが、良いかつお節ができたと思います。

ぜひお試しください!!

 

※通常のまき網の鰹を使った本節は今のところ製造の目途が立っていないため、しばらく販売はできないと思います。

やまじゅうおばあちゃんのごあいさつ

おばあちゃんの知恵袋最近は、色々と便利な食品が沢山あります。冷凍食品やレトルト食品など、手軽で簡単ということを第一においてつくられていますが、本当は、第一に「安全で安心な食べ物」でなければならないはずです。  

まず、私達が、鰹節をつくるにあたっては、鰹の命を頂いているくらいの気持ちで、大切に丁寧に扱う様に心がけています。鰹は、ほとんど捨てる所がありません。内蔵は塩辛になるし、骨はカルシウムの粉になるし、頭などは肥料になるし、煮汁まで鰹エキスの原料になります。生のカツオが鰹節になるまで、何人の人の手にかかり、何日もの時間がかかるか考えてみれば、こんなに大切につくられた食品は他にはないと思うのです。  

母親が子供達に示す愛情、奥さんがご主人に示す愛情など、お料理が一番伝わりやすい物だから、ちょっと面倒でも、なるべく手をかけて出汁をとってみたりして美味しい物を作ることは、家庭円満に繋がると思います。

けずりたて直売所のご案内

今月のおすすめ商品

商品カテゴリー

LINE

*お知らせ* 鰹節工房やまじゅうのホームページへようこそ!!

2022.09.08

 

昨年末より、鰹節に使うまき網冷凍鰹の不漁が続いており、特に本節にする大きいサイズの鰹はほとんど獲れていません。そこで、今年比較的豊漁の近海一本釣り漁の鰹を競り落とし、鰹節をつくっています。

近海一本釣り鰹は、主にお刺身やたたきなどの生食用に加工されるため、通常は鰹節用に加工されるのはごくわずかです。特に春先~初夏に獲れる鰹は、脂が少なく、鰹節に適しているのですが、この時期を逃すと鰹に脂がのってくるため、お刺身等では美味しいのですが、鰹節には向きません。

今年はちょうど鰹節にむいた魚質の鰹が多く水揚げされたため、この鰹で鰹節をつくりました。もちろん、普段使うことの多い網で獲れた鰹に比べて、当然値段も割高にはなりますが、良いかつお節ができたと思います。

ぜひお試しください!!

 

※通常のまき網の鰹を使った本節は今のところ製造の目途が立っていないため、しばらく販売はできないと思います。

やまじゅうブログ
トップに戻る